ツバキの花がたくさん!【世界のつばき館】へ行ってきました

「つばき」と言う花をご存知ですか?

おそらくアナタが頭に思い浮かべたツバキは、このような真っ赤なツバキではないでしょうか。

しかしツバキには、実は世界中に6000以上もの種類があると言われています。

そこで今回、福岡県にある「世界のつばき館」という所へ行ってきたので、そのことについて記事にしました。

この記事はこんな方にオススメです。

花が好きな方
ツバキが好きな方
世界のつばき館に行ってみたい
ツバキのことについて知りたい

記事を最後まで読むと、「世界のつばき館」に行きたくなっちゃいます。

世界のつばき館とは?

ここが世界のつばき館です!

世界のつばき館は、ツバキの起源である原種ツバキをはじめ、世界のツバキを収集・展示する施設です。

ここには情報交流施設と展示施設、ツバキ庭園があり、展示施設では日本や海外の原種ツバキ110種以上を展示しており、庭園では久留米つばきなど約50種類ものツバキが植えられています。

様々な種類のツバキをたくさん鑑賞することができ、またツバキに関する歴史資料や、ツバキを使った特産品なども販売されています。

世界のつばき館を見学してみた

まず中へ入るとそこは「情報交流施設」です。
ツバキに関する歴史資料やツバキを使った特産品などが販売されています。

つばき油を使ったジェラートもあります。あまおうとミルク入りで美味しいです。

この施設で実際に植えられているツバキの一輪挿しがキレイに並んでいます。

外へ出ると展示施設があります。

ガラス張りのハウスになっており、日本を初め中国、ベトナム、台湾のツバキが110種類以上も展示されています。

黄色いツバキや

白いツバキもあります。

展示施設の隣にはツバキ庭園があり、約50品種・160本のツバキが植えられています。

これは樹齢80年以上の「太郎冠者(たろうかじゃ)」

これはカーネーションみたいですね。

赤やピンク、白が混じったツバキです。

久留米つばき園にも行きました

世界のつばき館から少し歩いたところに「久留米つばき園」という場所があります。

ここでは約3ヘクタールの広さに、ツバキやツツジを中心に約500品種・2000本が植えられています。

3ヘクタールはサッカーコート4面分くらい!

トイレや広場もあるので、ツバキやツツジを眺めながらのお散歩コースとして最高です。

おわりに

花が好きな方
ツバキが好きな方
世界のつばき館に行ってみたい
ツバキのことについて知りたい

こんな方に特にオススメな「世界のつばき館」についてご紹介しました。

たくさんのツバキを鑑賞できる貴重な施設です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました