猛毒カエンタケ!症状は?味は?似てるキノコは?どこに生えてる?死亡例もあるから注意!

kaentake-poison-mushroom

猛烈な毒を持つキノコ「カエンタケ」。
触るだけで皮膚がただれ、食すと最悪死んでしまう可能性もある毒キノコです。

この記事では、日本各地で発見が相次いでいる猛毒なキノコ「カエンタケ」について

・症状
・味
・似たキノコ
・発見事例
・死亡事例

についてご紹介します。

カエンタケの毒の症状は?

 

たったの3gで死に至るほどの猛烈な毒を持つキノコ「カエンタケ」。
あまりの猛毒さに、触るだけでも皮膚から毒が入り皮膚がただれます。口にすると中毒し、最悪の場合は死に至ります。

カエンタケを食べると、わずか10分程度で腹痛や嘔吐などの症状が見られます。その後めまいや呼吸困難、頭痛や胸痛、手足の痺れなどの症状が現れます。

致死率が高く、仮に症状が回復したとしても、言語障害や運動機能障害などの後遺症が残る場合もあります。

カエンタケの味は?

そんな猛毒なキノコ「カエンタケ」は果たしてどのような味がするのでしょうか?
※決して食べてみようとは思わないでください。

カエンタケはどんな味がするか調べたところ、硬い肉質で苦味があるようです。

危険なので、絶対に触らない・口にしないようにしてください。

カエンタケに似たキノコはあるの?

ベニナギナタタケがカエンタケに似ているとされていますが、カエンタケの方が少し見た目に肉厚感あるというところが違いです。ベニナギナタタケの方がひょろっとした感じがします。

ベニナギナタタケは食べることができるので、カエンタケと間違えることのないよう気をつけてください。

カエンタケが今までに発見された場所は?

カエンタケが今までに発見された場所を確認してみましょう。

・仙台市内(2017年)
・東大阪市の生駒山系(2020年)
・宮城県山元町の公園(2020年)
・山梨県の山中湖村(2021年)
・千葉県の公園(2021年)
・横浜市の公園や市民の森(2021年)
・福島県の公園(2021年)

などなど、関東周辺〜東北での目撃情報が多いですね。

カエンタケを実際に食べて起きた事故

カエンタケは致死率の高い毒キノコなので、誤って口にすると最悪死に至る場合もあります。
過去に実際に起きた事故をまとめてみました。

カエンタケの事故1
山梨県でカエンタケを天ぷらにして食べたところ、小脳が萎縮し、運動機能・言語機能に障害が残った。

カエンタケの事故2
群馬県でベニナギナタタケと間違って食べてしまい、吐き気などの症状が出、数日後に死亡した。

カエンタケの事故3
新潟県でカエンタケを酒に浸して食べたところ、5人中1人が死亡した。

このように、誤って口にしてしまい重大な事故につながる事件が過去に発生しています。

絶対に触らない・口にしないようにしましょう。

おわりに

猛烈な毒を持つキノコ「カエンタケ」について、毒の症状や事故例、似ているキノコなどについてご紹介しました。

再三言いますが、カエンタケはかなり危険な毒キノコです!口にするのは愚か、触るだけで皮膚がやられてしまいます。
間違って口にすることのないように!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました