ランニング中に音楽を聞く!その効果は?おすすめのイヤホンは?

runninng-music

新型コロナウイルスの影響で運動不足になってる方が多く見られますね。

その中でも意識して運動しようとして、ランニングを始めた方も多いはず。

しかしせっかくランニングをするのであれば、より効果的な走りをしたいですよね。

そこで今回は、ランニング中に音楽を聞くとどのような効果があるのか

またランニングに適したタイプ別のオススメのイヤホンもご紹介します。

ランニングしながら音楽を聞く効果とは?

running-music-merit

ランニング中に音楽を聞くと一体どんな効果があるのでしょうか?

リラックスして疲労を和らげる

音楽を聞くと興奮抑制やリラクゼーション効果、疲労を軽減する効果があると言われています。

自分がリラックス出来る曲を聞いたり、クラシックやジャズなどの音楽もその効果があるとされています。

走ることにのみ集中せず音楽で気を紛らわせることで、疲れを感じにくくもします。

気分が上がる

自分が好きな音楽を聞くことで、楽しいと感じ、気分を上げて走ることができます
気分を上げることで集中力やパワーが増し、トレーニングパフォーマンスが上がります。

気分が上がるとランニングに対して「キツい」や「ツライ」などの感情が軽減します。

テンポよく走れる

音楽に合わせて走ることで一定のスピードで走ることができます

テンポよく走ることで、より長い距離を走ることもできます。

選曲に注意が必要ですが、同じテンポの曲を聴き続ければ、終始同じスピードで走ることができます。

継続できる

ランニングを始めたはいいものの、続かないという人も多いはず。

そこでランニング中に好きな音楽を聞くことで、走る=楽しいという感覚になり、継続して走ることができるようになります。

 

ランニングしながら音楽を聞くデメリットは?

running-music-demerit

ここでデメリットとその回避方法もご紹介します。

イヤホンコードが邪魔

走っている時にイヤホンのコードが絡まったり、体に当たって気になるということがあります。

コードが邪魔で走れないのであれば、コードレスのイヤホンをオススメします。

周りの音が聞こえづらくなる

イヤホンをしていると車などの周りの音が聞こえづらくなり、ぶつかる可能性も多くなります。

対策としては、人通りが少ない安全なコースを選んだり、イヤホンを片耳だけつけるなどして周りの音が聞こえるようにしましょう。

タイプ別のオススメのイヤホンは?

recommended-earphones

オススメのイヤホンと言っても色々あるので、タイプ別に分けてご紹介したいと思います。

有線イヤホン

スマホや音楽プレイヤーと直接繋ぐタイプのイヤホンです。

メリット…ランニング中に耳から外れても無くなることがない

デメリット…コードが引っ掛かると邪魔

 

左右一体型イヤホン

左右のイヤホンが繋がっていますが、Bluetoothで繋げるタイプのイヤホンです。

メリット…ランニング中に耳から外れても無くなりにくい

デメリット…首回りのコードが気になる

 

ワイヤレスイヤホン

左右が完全に独立しているイヤホンです。
Bluetoothで接続します。

メリット…コードがないので快適

デメリット…ランニング中に耳から外れたら無くなりやすい

まとめ

ランニング中に音楽を聞くことの効果やオススメのイヤホンについてご紹介しました。

音楽を聴きながら走ることでこのような効果があります。

リラックス
疲労軽減
気分を上げる
テンポよく走れる
継続できる

またイヤホンもタイプ別に色々あるので、自分に合ったものを使うことが1番です。

有線イヤホン
左右一体型イヤホン
ワイヤレスイヤホン

好きな音楽を聴きながら楽しくランニングを続けていきましょう(°▽°)♫

コメント

タイトルとURLをコピーしました