【旅行記】1人で巡る2泊3日対馬のオススメ観光地!プランとコストも公開!

長崎県の離島・対馬へ1人で2泊3日の旅をしてきました!

この記事では、3日間で訪れた対馬の観光地やタイムスケジュール、費用などをご紹介します。

 

対馬旅行に行きたいけど、どこがオススメだろう?

 

対馬旅行はどのくらい費用かかるのかな?

 

など対馬に興味がある方はぜひ最後まで読み進めていただければと思います。

はじめに

長崎県の離島・対馬。
韓国に近いこの島は古くから大陸との交流があり、朝鮮半島と日本を結ぶ交通の要衝でした。
コロナ以前は韓国からの観光客が多く、このように島の所々でハングル文字を見かけます

私は2021年の1月2〜4日の2泊3日で、対馬を1人旅してきました。

3日間でも足りないくらい対馬には魅力的な場所がたくさんあります。

この限られた日数でどのくらい観光できるのかというのは、最後まで読んで頂ければ分かります。

ぜひ参考にされて下さい。

福岡から対馬へジェットフォイルで行く方法

対馬へは飛行機、フェリー、ジェットフォイル(高速船)での3通りの行き方があります。

私は今回、所要時間と金額のバランスを考えた末、博多港(福岡)⇆厳原港(対馬)往復のジェットフォイルにて行ってきました。

(飛行機は一番最短時間で着きますが、高かったので船を選びました。笑)

フェリー、ジェットフォイルの予約はこちらからできます。
九州郵船

ネット予約だと会員登録が必要となり、且つ登録用メールアドレスがGmailなどのフリーアドレスだと不可とのこともあり、私は電話予約をしました。
乗船の1ヶ月前から予約できます。

ジェットフォイルはフェリーの半分の時間で行けますが、その分金額は倍です。
それでも2時間ほどかかるので、船酔いする私はジェットフォイル一択でした。

時間に余裕のある方や車両持ち込みの方は、安価のフェリーを選ばれても良いかと思います。(ただし5時間近くかかります)

ジェットフォイルに乗る場合はシートベルトの着用が義務付けられていますので、トイレは乗船前に済ませておきましょう

乗り場である博多港へは30分前までに下記チケット売場にて受付を済ませま

博多港map:福岡市博多区築港本町13-6

乗り場は受付カウンターを振り返ると乗り場への案内板があります。

こちらです。

10分前に乗船の案内があるので、それまで待機です。

“ヴィーナス2”号の2階席でした。


ソーシャルディスタンスということで、行きも帰りも横はいませんでした。

そして約2時間の船旅を楽しんだ後に、対馬の厳原港へと入ります。

厳原港map:長崎県対馬市厳原町東里341-24

こちらが旧ターミナル

こちらが新ターミナルです。

旧ターミナルは現在使われていませんのでご注意下さい。
(私は帰る際に間違って旧ターミナル行っちゃったので笑)


対馬を出る際は、新ターミナル内での受付です。

2泊3日で訪れた観光地

私は完全フリープランだったので、レンタカーを借りて観光しました。

対馬は上から下までぶっ続けで運転すると、約3時間ほどかかる島なので、決して小さい島ではありません。
また船の関係で1日目は午後、3日目は午前中のうちしか観光できませんでした。
その中で訪れることのできた場所をご紹介します。

訪れた順番に紹介してます。

1日目

金田城

対馬に着いてレンタカー借りて、まず第一にこの山に登りました。

ここの登山は初心者の方にもオススメです。
往復1時間半ほどで、かなり素敵な景色を見ることができます。

わりと軽い気持ちで登れますが、飲み物や服装など最低限の準備はしましょう。

詳しい記事はこちら↓

登山初心者にオススメ!長崎県対馬【金田城】の絶景登山

和多都美神社(干潮時)

潮の満ち引きにより鳥居が海に浮かんだり。
なんとここ、竜宮伝説が残ってる場所なんです。
3つある鳥居のうち1つ(1番奥)は2020年の台風で倒壊しています。

詳しい記事はこちら↓

対馬市豊玉町の有名観光スポット【和多都美神社】と【烏帽子岳展望台】に行ってきました
対馬の中央に位置する豊玉町の2大観光スポット「和多都美神社」と「烏帽子岳展望台」のご紹介と実際に行ってみてのご紹介。

烏帽子岳展望台

決して大きな展望台ではないですが、そこから見下ろす景色は広大です。展望台までの243段の階段が、登山後の足にはかなりツラかったです。(地味に数えました笑)

詳しい記事はこちら↓

対馬市豊玉町の有名観光スポット【和多都美神社】と【烏帽子岳展望台】に行ってきました
対馬の中央に位置する豊玉町の2大観光スポット「和多都美神社」と「烏帽子岳展望台」のご紹介と実際に行ってみてのご紹介。

赤島大橋

真っ赤な橋がすごく映えます。
夕方なので少し暗いですが、キレイでした。
ただこの橋に限らず他にも赤い橋はありました笑

2日目

白嶽

朝一で山登りをしました。

標高518mの、初心者〜中級者向けの山です。
頂上からは360度の大パノラマは見応えありまくりです。

往復2時間ちょいで登りましたが、頂上まであと少しというところからがかなりの正念場で、さらに足元が悪くなるので注意が必要です。

詳しい記事はこちら↓

対馬空港

対馬の空の玄関口!
こじんまりとしています。

時短第一という方は飛行機利用がオススメです。

和多都美神社(満潮時)

満ちた時の和多都美神社です。
美しいですね。潮見表で干満の時間調べて行くと狙えます。

※詳しい記事は後日書く予定です。

千俵蒔山

車で山頂まで行けます。
風力発電が大迫力!
ここから眺める海もまたキレイです。

韓国展望所

天気の良い日や夜はここの展望所から韓国を眺めることができます

三宇田浜海水浴場

エメラルドグリーンの海がとてもキレイです。
透明度も高い!

比田勝港

韓国からの観光客の多くは船でこの港へやってきます。

港の目の前には免税店もありました。

鳴滝

落差25mで対馬一の瀑布ですが、冬は水量少ないです。

看板が小さく空き地感ありまくりの駐車場が分かりにくいので見逃し注意です。

Googl mapでは「鳴滝」よりも「鳴滝自然公園」で検索したほうがいいです。駐車場はそのすぐ近くの空き地(笑)です。

3日目

豆酘崎灯台

対馬南端にある灯台です。
2021.3.30までは工事のためここまでしか行けません。

鮎もどし自然公園

この「瀬川」は川全体が天然の花崗岩でおおわれてて、またキャンプもできる場所となってます。珍しい地形の川です。

武家屋敷跡

所々に石垣を利用して家が立ち並んでいます。

対馬グルメ

美味しかったお店をご紹介します。年始早々行ったので、お店がお休みのところが多く、狙っていたお店の半分が行けませんでしたが…笑

すしやダイケー

回転寿司です。対馬は穴子の水揚げ量が日本一とのことなので穴子ばかりを狙えって食べました。生あなご握りもおいしいですが、特におすすめは天ぷらです。

対馬バーガー kiyo

なんとパティにイカとヒジキが入ってます!!大量に入ってるわりにはお肉の邪魔をしていなくてボリュームもあって美味でした。

実際の費用

ではこの2泊3日で実際どのくらいの費用がかかったのか。

ジェットフォイル代 ¥13,780
宿泊費(2泊) ¥8,800
レンタカー(2泊3日) ¥9,240
ガソリン ¥2,399
食費(6食分) ¥4,278
お土産など ¥1,250
合計 ¥39,097

対馬の上から下まで行ったり来たりした割にはガソリン代は安かったです。燃費がいい車のメリットですね。(トヨタVits)

お酒は飲まないのでアルコール代は一切かかってません。

おわりに

韓国に近く古くから大陸との交流があった島、対馬。
海に囲まれ豊かな森林が多いこの島には、たくさんの見所があります。

2泊3日という限られた時間の中多くの観光地を周ることができたので、ぜひ対馬旅行に行かれる際の参考にして頂けたらと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました